バランススコアカード概要 BSCnavi

トップページへ

バランススコアカードの概要

バランススコアカードは、戦略経営のためのマネジメントシステムです。
バランススコアカードとはビジョンと戦略を明確にすることで、財務数値に表される業績だけではなく、財務以外の経営状況や経営品質から経営を評価し、バランスのとれた業績の評価を行うための手法です。
バランススコアカードを導入することで企業ビジョンの実現・目標の達成を目指し、財務の視点、顧客の視点、業務プロセスの視点、学習と成長の視点の4つの視点から戦略を立てます。その戦略を重要成功要因→業績評価指標→アクションプランと現場の業務(所属単位や個人単位)まで反映させることで、従業員は日々の業務がどのように目標達成に影響するのかを意識でき、経営陣は視覚的、実質的に目標達成までの道のりを管理することができます。
バランススコアカードを利用することで戦略の遂行状況を測りながら、企業の組織力・成長力・競争力を強化し成功へと導くことができます。

バランススコアカードの流れ

バランススコアカードの流れ

1ビジョンと戦略の設定

既にビジョンと戦略をもっている場合は既存のビジョンと戦略の再検討を行い、将来に向けてビジョンと戦略を再構築し、共有するきっかけとして大切なステップとなります。


2戦略目標の設定と戦略マップの作成

設定したビジョンと戦略を達成するための戦略目標を設定します。 次の重要成功要因の分析・作成と合わせて戦略目標を設定することで、抽象的に表されているビジョンと戦略を業績評価指標に置き換えやすくします。 また目標への道順である戦略マップを作成することで、戦略目標同士の関連付けを整理することができ、因果関係も整理できます。


3重要成功要因の設定

設定したビジョンと戦略または戦略目標を達成するために必要な具体的要因を考えます。バランススコアカードを成功させるためには、経営トップから従業員1人ひとりにまで設定したビジョンと戦略を浸透させることが大切です。そのためには業界、各企業、事業部、部門、課、環境要因、一時的要因など各レベルでの重要成功要因の分析・設定を行ないます。


4業績評価指標の設定(KPIの設定)

※KPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標) KPIとは業績評価のための指標です。 設定した戦略目標・重要成功要因をどうやって評価するかを決めます。設定した重要成功要因の評価を行なうために具体的な業績評価指標を設定します。 バランススコアカードにおける業績評価指標=財務的業績評価指標ではなく、ビジョンと戦略を実現するために重要な非財務的業績評価指標(財務の視点、顧客の視点、業務プロセスの視点、成長と学習の視点における業績評価指標)についても設定します。またビジョンと戦略からアクションプランまでの因果関係はもちろんのこと業績評価指標同士の因果関係についても考慮することが重要です。 評価指標を設定により、目標が数値化されることで客観的、定量的に目に見える形となります。


5数値(ターゲット)の設定

設定した業績評価指標を受けて実際の数値目標を決めるターゲットの設定を行います。


6戦略プログラムもしくはアクションプランの策定

業績評価指標を達成するための戦略プログラムもしくはアクションプランを策定します。


56の作業は重要成功要因の設定や業績評価指標の設定と合わせて行ないます。


6続き、戦略目標のページ

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る