KPIマネジメントコンサルサービス

KPIや業績管理指標の設定と活用について、下記のような悩みはないでしょうか?

◆ 業績向上等につながるKPIが設定されているかどうかが疑わしい。
◆ 何のためのKPIを設定・活用するのかについて、管理者・現場に浸透しているかどうかに不安がある。
◆ 形式的になりがち、ないしは多く設定されすぎ。 本当に見るべき指標がなにかが不明確である。
◆ それなりに指標は設定されているが、日々のマネジメントの中で有効に活用されているとは言い難い。

問題の見極め ⇒ KPI活用強化

問題の核は2種類
① KPIの設定段階での問題
② KPIの活用段階での問題

弊社では同分野での豊富な経験・知識を基に、KPIの活用強化による業務改革・組織強化の成果向上をサポートしています。
コンサルティングのメニューとして、以下のようなサービスを用意しております。

(1)KPI導入時研修
(2)KPI活用ブラッシュアップ研修
(3)KPI関連のコンサルティング

 

KPI(Key Performance Indicator::重要業績評価指標) 導入サービス

多くの会社で、KGIは(無意識ながら必然的に)管理している一方で、KPIは管理されていない/もしくは経営層から見えない形になっています。
現場の頑張りが経営成果 ~KGIの向上~ に結びつかなくてはいけないにも関わらず、現場が頑張ってもKGI値が好転しません。 これは、現場の頑張るべき内容が経営と整合性を欠いているために発生しているものです。
これらを解決すべく、「KPI」の導入、可視化の実現を多くの会社が目指されています。

 

KPI策定ワークショップサービス

よくある課題とワークショップの目的
◆経営管理を行うための体系的な整理がされておらず、PDCAが回っていない
◆経営管理を行うための体系的な整理がされておらず、PDCAが回っていない
◆目標達成のための戦略を十分に考えられていない
◆各事業部の目標がリンクされず、会社(グループ)全体の目標達成シナリオが描けていない
◆KPIをどのように作っていけばよいのかわからない
◆具体的な行動計画を立てられない

yajirusi

 

 

 

ワークショップを通して
①戦略マップ
ビジョンや目標達成のための戦略を財務、顧客、プロセス、人・組織の視点で、関連付けて整理します。

②KPI管理シート
戦略目標を達成するための具体的な行動に落とし込むために目標を構造化して分解し、その分解された目標毎に数値目標を設定した管理表

③行動計画書
KPI達成のための具体的活動を構想した計画書

を作ります。

このようなお客様のニーズにお応え致します!

◇ 経営活動をKPI活用により「可視化」したい
◇「全社戦略」と「各部門間の重要施策」の整合性をとりたい
◇ 営業・生産・開発などの活動が「正しく評価できる」指標を見直ししたい
◇「経営戦略」「経営課題」を整理したい
◇「経営計画」は策定しているが、計画実現のための指標を見直ししたい
◇「業務プロセス」を「可視化」したい、その「問題構造」を把握したい

価格 ・ 詳細内容

お手数ではございますが、価格・詳細につきましては、ソリューション営業部までお問合せ下さい。

Webからのお問い合わせはこちら