塗装業A社様

導入事例 -らくらく現場-

<導入前の課題>

  • 安全ミーティングを紙ベースで毎日作成し、事務所で保管
  • 日報を紙ベースで作成し、事務所で保管
  • 現場の明日以降の予定が携帯メールと電話で何回もやり取りが必要
  • 予定の工数はExcelで作成
  • 実績もExcelで作成し管理

<らくらく現場運用後のお客様の声>

  • 現場登録は、営業担当が引き合いの段階から入力できるようになった。
  • 社長は、受注状況や受注額、安全ミーティング状況をリアルタイムで確認。
  • 受注した業務の予定を班長間で確認しながらスケジュールを班長が作成することになった。
    以前は、営業担当が行っていたが、営業はその分顧客に専念することができた。
  • 事務職員は、前日の日報や安全ミーティング帳票を印刷し内容を簡単に整理することができた。
    また、完了した現場の請求業務を早目に行う事が可能になった。
  • 営業担当や班長が忙しい時に、事務職員が現場登録や予定作成等を簡単にできるようになり、業務の適応範囲が広がった。
  • 現場作業員は、日報や安全ミーティングをスマフォで入力することが可能になったため、日報作成のために残業する必要がなくなった。
  • 現場予定が早めに確認できるようになったため、使用材料や道具などの手配を早目に行う事が出来るようになり、段取りが良くなった。

<らくらく現場 運用イメージ>

 

<導入後のメリット>

  • 安全ミーティングや日報は、らくらく現場のスマフォからテキスト入力、または写真で事務所の管理PCへ送信。
    ⇒紙ベースは不要になった。
    ⇒台帳出力で内容の確認が簡単になり、作業員の負担も減った。
  • 現場登録や日報入力で個人や現場単位でのスケジュールの共有化に役立つ。
  • 外国人の作業員でもスマートデバイスからコメントなどの入力が簡単に行える。

 

当社は、らくらく現場の販売代理店です。
開発元:株式会社国際創研

 

contact_pageend